『出先のグルメ』「赤」と「黒」、そして最後に「白」のラーメン

2021.10.01

いつもアスクルをご利用頂きありがとうございます。代表の石井です。

今回私の『出先のグルメ』はラーメンです。

前回記事にした「屋島のうどん」の話に続き、麺尽くしとなってしまいますが、

出張先で食べて印象の強かったラーメンをつらつらと書き記したいと思います。

 

今回はタイトルにあるように「赤」「黒」「白」と、色で分けて紹介します。

決して色分けを狙ってわけではなく、たまたま印象の強かったラーメンの色がそうだったんです。

まずは「赤」

「赤」は広島で有名な「ばくだん屋」さんです。

店舗だけでなく、空港でのお土産にもなっているのでご存じの方も多いとおもいます。

「つけ麺にキュウリ!?」と、まずそのビジュアルに驚き、気が付けば駅前の店舗に座っておりました。

 

出てきたスープを見て、

「赤ッ!」

辛さを自由に選べますが、調子に乗って数段階ほど上げてしまったので、赤さが更に増している⁉

身体にいいよね、とキュウリを多めにし罪悪感を無くしたうえで・・いざ実食。

 

「辛っ!」とは言いますが、「あっ、無理っ!」な辛さではありません。

キャベツやキュウリの甘さが辛さをほどよく抑えてくれてます。

また食べれば食べるほど、辛さにうま味を見つけることが出来、どんどん箸が進みます。

「あ、これ好きかも・・」

 

コシのあるストレートな細麺を赤いタレにたっぷりくぐらせて〜ズズズッと。

紙エプロンをしていますが、シャツの襟や袖についたらアウトです。

豪快にいきたいですが、そこは跳ね散らかさないようにすすります。

辛っっ!でも旨いっ!でも辛いっっっ!!いや、やっぱ旨っ!!

辛さでおかしくなりそうですが、旨味もじわじわ来て、

辛い顔と幸せの顔を交互に繰り返しながら完食。

野菜多めなのはラーメンを食べる時の罪悪感も無くしてくれます。←大事なので2回言います

当然今では広島空港ではお土産ラーメンも購入し、大量に野菜を入れて食べています。

あー今すぐ食べたい。

 

続いては「黒」

広島県も徳島県もお客様がいらっしゃるので幾度となく訪問しています。

徳島県にいらっしゃるお客様に連れられて、「徳島にきたら食べてみて」と紹介されたのが

こちらのラーメン屋さんでした。

徳島県の「王王軒」さん

店に入った瞬間の野性味溢れる匂いに、強烈なジャブを打たれます。

お客様にお勧めされるがままに頼んで、出てきたラーメンを見ての印象は

「黒っ!」

「すき焼きかっ!」と突っ込みながら、いざ実食。

 

濃い色のスープですがしょっぱさはないんです。

麺はストレートの中細麺ながらもしっかりとした存在感で、

トロみのある濃いスープが絡みまくり、美味い。

「あ、これ好きかも・・」

 

豚バラ肉は醤油ダレで煮込んだ甘辛い味付け。もやしのシャキシャキがアクセントとなり

気が付けば完食。

学生時代ならこの濃い味とお肉を乗せてご飯3杯は食べています。

最後にお土産を複数個購入して東京まで持ち帰りました。

お土産はビニールに入った麺と凍らせたスープを持たせてくれます。

ビニールを家で空けた瞬間、お店の匂いと同じ匂いが強烈に充満し、

ボールで遊んでいた我が家のワンちゃんもその匂いにひっくり返ります。

コロナが明けたらまた行ってみたいと思います。

まだまだ印象に残っているラーメンは沢山ありますが、今回は「赤」と「黒」の紹介をしました。

 

最後に「白」

カップヌードルのシーフード味にお湯を入れて3分、納豆を2パック入れます。

白濁のスープに茶色い豆が浮かんでいます。でもこれがまた美味いのなんの。

納豆でスープがまろやかになり、美味しい。

そして、ラーメンを食べる時の罪悪感も無くしてくれます。←大事なので3回言いました。

「あ、これ好きかも!」と思ってくれたら幸いです。

 

拙い食レポを最後まで納豆の如く粘り強く⁉お読みいただきありがとうございました。

代表取締役社長 石井

記事一覧へ

気になる商品などございましたら
アスクルの通販サイトへ!
ASUKUL 通販サイトはこちら
おすすめ記事