Tiffanyもらえます♪

2021.09.24

初めまして。業務部の走る女Mと申します。

着替えをリュックに詰め込んで、ジョギングで温泉まで走って、ひとっぷろ。
その後のビールと美味しいものが生き甲斐です。(帰りは電車ですよ)


このご時世では堂々と遠出するのは難しいので、
近所の河川敷をのんびり走って運動不足解消に励んでおります。

でも結局カロリー消費した以上に食べて飲むので
ダイエットにはならないんですよね。

 

あ、タイトルと全然関係ない話ですみません^^;

Tiffany、ティファニーですね。

ティファニーのブルーボックス

 

タキシード姿でビシッと決めたジェントルマンが
あなたの前でひざまずいて
ティファニーのネックレスが入った小箱を差し出す。


受け取ったついでにお姫様抱っこもしてもらっちゃう・・・!


もちろん記念撮影も。

一生の思い出になりますね★


こんな体験ができる場所が、世界でたった1か所だけあるんです。

それが、名古屋ウィメンズマラソンです。

https://womens-marathon.nagoya/


かつては世界中にこんなマラソン大会が10か所はあったのですが
現在は名古屋だけになってしまいました。

 


毎年3月に開催されている名古屋ウィメンズマラソンでは
フィニッシュすると、もれなくティファニーのネックレスがもらえるんです。
(制限時間:7時間)

女性ランナーはみんな、ティファニーを目指してゴールへ向けて走ります。

いや、ずーっと走れる人の方が少数派ですね。

多くの女性は歩いたり走ったり、時には休みながら
一歩一歩前へ、足を進めていきます。

 

私も過去に3回参加しましたが、初めての時はプチ地獄を見ました・・・。

 

名古屋ウィメンズマラソンフィニッシュゲートとティファニーゲート

 

自己ベストを狙えるような練習もして、直前には疲労も抜いて体調ばっちり。

すこぶる順調だと思われた当日の明け方、

急に吐き気と腹痛に襲われ
胃腸炎のような症状で、体の中が空っぽになってしまいました。


冷静に考えたら、これから3時間後に
フルマラソンを走る状態でないのは明らかなのですが、
せっかくわざわざ名古屋まで来て走らないという選択肢が
私の中でなかったんですね。


頭の中にはもちろん
あのティファニーがちらついています(笑)


そういえば、ビジネスマートではないのですが当時の職場の人にも、


「ティファニーもらってくるからね!」

 

と自慢げに言い放って、マラソン翌日の有給休暇をゲットしたんだっけな…。

なので、泊まっていた宿から不安ありつつも出発し
スタート会場のナゴヤドーム(現バンテリンドームナゴヤ)へ向かいました。

 


道中の地下鉄では、吐き気とともに冷や汗が噴き出してきて
見た目にも分かる具合の悪さでしたが、
ずーっと車内の天井を見てやり過ごしました。

同じ会場へ向かう女性ランナーたちの楽しそうな雰囲気が恨めしかったです・・・。

 

なんとかナゴヤドームへ着いた頃、奇跡的に体が楽になったので
雲一つない青空の下、マラソンのスタート地点へ向かいました。

 


スタートまでの時間は隣に並んでいた人たちと
ぽつぽつとおしゃべりをしながら過ごしていました。

こういう一期一会も楽しいですよ。

 

そして、号砲が鳴り、ティファニーへ向けてスタートです!

こちら、出すものすべて出してしまって空っぽなので
体は軽くて、よいペースで走り出しました。


今では難しいですが、沿道の応援もいっぱいで
お祭り騒ぎの中を走ります。

 


ですが、世の中そんなに甘くはないですね。

12キロ過ぎで、もうこのペースではもたない、と確信しました。

いかんせん、空っぽなのでエネルギー切れもいいところです。
また、水分も出してしまっているので脱水症状にもなりかねない。


客観的に見たら、途中棄権すべしなのですが
まだ辞めるわけにはいかないと思っていました。


・知り合いが待つ応援ポイントまでは行かなくちゃ!

・職場の人にティファニー見せびらかさなくちゃ!

・ナゴヤドームの中を走ってみたい!


そんな思いだけで、休み休みしながら進みました。

どんどんペースが落ちていくので、周りのランナーに追い越されまくります。


いよいよ、もう無理!と思ったのが30キロ手前。

この先に救護所があるのを知っていたので
そこまで行ったら棄権してもいいやと決めました。


30キロ過ぎの救護所へ駆け込みます。

かくかくしかじか事情を話すと、救護スタッフさんが優しくて

「歩いてでも(制限時間フィニッシュに)間に合いますよ^^」と。


お言葉に甘えてペットボトル2本がぶ飲みし
手持ちのエネルギージェルを補給し、ゆっくり休ませていただきました。

 

 


1時間後、マラソンコースへ復帰し、
残りの12キロをゆっくりながらも走り
フィニッシュのナゴヤドームまで戻ってくることができました。


この時はフルマラソンを完走できたことで
ほっとして放心状態でしたね。


もうタキシードのイケメンの存在なんか忘れていて
汗だくのボロボロ状態で
ティファニーのブルーボックスを受け取りました。

※タキシードのイケメンは自薦他薦国籍問わずの公募です。
 職場の男性陣はぜひ奮ってご応募を!

https://womens-marathon.nagoya/news/20210908-1200/

あ、ひざまずいてもらうのも忘れました(汗)
これは全員ではなくて、あくまでリクエストベースです。

元祖は、アメリカはサンフランシスコのマラソン大会で
非番の消防士がタキシードを着てティファニーを渡していたのです。

日本発での演出だったら、ちょっと驚きますよね・・・。

 


ここまでしてティファニーのネックレスが欲しいのかと
思われたかもしれませんが、
5時間もがいてゲットしたティファニーは
世界に一つのネックレスと言っても過言ではないのです。


なぜなら、ネックレスの裏面には刻印できるスペースがあって
ティファニーブティックでマラソンのタイムを
刻印してもらうことができるのです(希望者のみ・有料)。

名古屋ウィメンズマラソンフィニッシュでもらえるティファニーの説明書

 


若干恥ずかしいのですが、
ブティックでは、何も買わずに
その場でネックレスを磨いてもらうこともできます。
私も依頼したことがあります。


ピカピカになって帰ってきたMy Tiffanyは、
さらに愛着が涌くものになりました。

 

名古屋ウィメンズマラソンフィニッシュでもらったティファニーネックレス

 

Tiffanyがもらえるマラソン大会は格別ですが、
そうでなくとも
「達成感」というお土産が漏れなく付いてくるのが「走ること」です。


一生に一度、いつかはフルマラソンでもいいのですのが
(ホノルルマラソンも走ってみたい)

まずは、テレワークの合間の運動不足解消に
次の電信柱まで走ってみるといいと思います。

散歩のついでなら簡単ですし
駐車場からお店の入り口までもチャンスです。

 

ペースは、歩いている人に追い抜かれるくらいが目安です。
鼻歌ふんふん~♪と歌えるくらいがちょうどいいですよ。

実際に、息が上がらないくらいということで。

コツは、決して人と比べないこと。

 

運動苦手な人こそ、
10メートルをゆっくり走れたら

「あっ、できた!」って小さな達成感が得られますよ。

 

小さな達成感を得ると、
他のことも何となくできそうな予感がしてくるものですね。

電信柱もう1本先まで行ってみると、もう少しだけ行ける気がしてきます。

好きな歌を1曲歌っているうちに5分くらいは経っていますね。

 

ビジネスマート社内の定番おやつはミニルマンド
1本は24キロカロリーだそうです。

ゆっくり5分で、これくらは消費できますね。


ジョギングの消費カロリーの目安は
「1キロ=自分の体重キロカロリー」ですが、

女性の体重は内緒ということで・・・。


ミニルマンドは100本入りの特大パッケージもありますので、
職場でシェアするのにぴったりですよ。

https://www.askul.co.jp/p/P678486/


Tiffanyへの道はミニルマンドから、になってしまいましたが
お付き合いありがとうございました。


長い道のりも、一歩一歩コツコツとですね。
ルマンドも薄いクッキーの層が積み重なっての美味しさですしね(笑)

ビジネスマート業務部の一員としても
日々のお客様対応の一つひとつを大切に積み重ねて、
より一層信頼していただけるように、日々精進してまいります。

記事一覧へ

気になる商品などございましたら
アスクルの通販サイトへ!
ASUKUL 通販サイトはこちら
おすすめ記事