感謝の心を忘れずに

2021.08.29

こんにちは。

今回、ブログ更新2回目となります、Mです。

暑い日や天候の読めない日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。布団の干すタイミングを見極めるのが、難しい日々ですね。。

さて今夏、日本が大活躍したオリンピックがまず閉幕し、今回、パラリンピックの開催が始まり、各国のオリンピア達の活躍が、メディアを賑わせています。

私は、今回のパラリンピックの観戦をする事で、あらためての自身の人生への感謝を感じる事が出来たので、共有したいと思います。

前回のブログで、日々の鍛錬トレーニングを実施していることをお伝えしましたが、私も「今日は寝不足だからサボりたい、拳立ての回数を減らそうかな。。」などと思うトキ、多々有ります。

でも今回のパラリンピックを観戦していて、オリンピア達の果敢なるチャレンジを目の当たりにした時。。

そもそも一番最初に水に入る恐怖の克服から始まって、意志を持って各々の壁を乗り越えた、並外れた強い精神と世界の舞台での大活躍を見た時。。

自分が五体満足な身体で平穏に日々過ごせている事、毎日の努力によって、成長を感じられる環境にいられる事に対し、自身に関わってくれている全ての方々への感謝を、強く感じずにはいられませんでした。

奇しくも、最近、「100%幸せな1%の人々」という本を読み、普段の生活の中で、「煩悩・無い物ねだり・妬み・やっかみ」等の際限無い欲が渦巻く日々の中、そもそも自身の置かれている環境を見つめなおし、「それって凄く幸せな事!」って思えるコトがとても大事なんだ、と、本を読み共感していた矢先。。

パラリンピックでの選手達の活躍を目の当たりにしたトキに感じた、感謝・感動は一入のモノが有りました。

私事ですが、不肖な私を、生まれてからずっと、とても可愛がってくれていた祖父が5月に亡くなり、コロナ禍という事も有り、生前直近の2年ほど、病院にも面会謝絶で会いにも行けず、寂しい思いが続いている中での旅立ちでしたので、少し凹んでました。。

そんな中、この本を読んで強い共感を得た上での、パラリンピックでの選手達の活躍を目の当たりにし、感謝の思いをまずは祖父に伝えるべく。。

祖父の墓をピッカピカにしておきました!        

引き続き、利他の心を大事に、愛と感謝を大事に生きていきたい、と思います。

ではまた、本ブログでお会いしましょう。

皆様に感謝!!

 

 

 

 

 

記事一覧へ