『出先のグルメ』香川県高松のうどんが恋しい

2021.08.06

いつもアスクルをご利用頂きありがとうございます。
代表の石井です。
私の『出先のグルメ』を楽しみにしていた皆様、お待たせいたしました。(そういう方がいるという希望的観測が入ってます…)

前回記事にした「高知県の炙り鰹」に続き、今回は同じ四国は香川県の高松より、屋島のうどんの話をつらつらと書き記したいと思います。
屋島にもお客様がいらっしゃるので、幾度となく訪問しています。

まず高松の屋島と言えば、屋島山頂へ向かう途中から見下ろす海に感動します。広大な海は元より、そこに見える屋島合戦跡地では日本史で学んだ歴史に触れる事が出来、山頂では屋島神社で御参りした後に今度は違う展望台から高松の素晴らしい街並みを見下ろします。
何度観ても飽きません。



ひたすら歩いたところでようやくうどんの時間です!
幾度となく訪問した高松、数あるうどん屋さんの中で私が特にお勧めしたいのが…


こちらの天ぷらうどん。

お客様に連れて行ってもらってから、リピーターとなっています。
昼前からずらっと行列、お昼時でも麺がなくなり次第閉店します。
僅かな営業時間を狙っていくしかありません。
午後イチの商談がある時は焦ります。
が!そうまでして並んで食べる価値は絶対なのです。
私が連れて行くメンバーは皆100点中120点を出します。
コシ、麺つゆ、天ぷら…嗚呼今すぐ食べたい。

おすすめのメニューは「かしわざる」です。かしわざるとは、鶏天が付いているうどんです。この店の天ぷらも鶏天も揚げたてアツアツなのが魅力です。作りおきではなく目の前で揚げてくれ、出来たてのカリッとした衣の天ぷらや、ジューシーな鶏肉を楽しめるのは本当に嬉しいです。
主役のうどんも茹で上がるまでカウンターの席からじっーと鍋を見る事が出来、店主が麺あげをはじめる頃にはテンションはマックスとなっています。
そのうどんはツルツルシコシコモチモチしており、喉越しも良く、あー美味い!と10回以上は言います。嗚呼今すぐホントに食べたい…

残念ながらお店の名前をこちらでお出し出来ずすみません…弊社までご連絡頂ければお教え致します。何卒ご容赦ください。

コロナが落ち着きましたらまた行きたいと思います。早く終息する事を祈っています。


最後までお読みいただきありがとうございました。

代表取締役社長 石井

記事一覧へ

気になる商品などございましたら
アスクルの通販サイトへ!
ASUKUL 通販サイトはこちら
おすすめ記事